ダーリンはアメリカ人…..?

posted in: Culture | 0

ダーリンはアメリカ人.....?


色々な記事を書き始める前に、タイトルにもあるように私の旦那さんについて書いておきたい思います。



”ダーリンはアメリカ人”
というタイトルを見て、多くの方が白人の男性を思い浮かべたと思うのですが、私の旦那さんは韓国系アメリカ人です!(期待を裏切ってすみません…)

アメリカには、白人、黒人以外にも多くのアジア人が住んでおり、アメリカにはおよそ170万人の韓国系アメリカ人が住んでいるそうです。


移民と一括りに言っても2種類あり、(あまり知られていませんが)アジア系アメリカ人同士の会話の中ではよく出てくる話題の一つでもあります。

ABK: American Born Korean

American Born Korean (アメリカ生まれの韓国人)つまり二世移民以降のことを言います。この場合、アメリカで生まれているので国籍はアメリカになり、アメリカに住む韓国人の約30%がこの分類になるそうです。

稀にですが、American Born Korean 略してABKと呼ばれたりもします。
(アメリカ生まれの中国人はAmerican Born ChineseでABC)

 

FOB: Fresh Off the Boat

Fresh off the Boat とは、アメリカ国外で生まれて、移民としてアメリカにやってきた人たちのことを指します。この言葉は、元々アジア人の移民に対して差別的な意味を込めて使われていたようですが、現在は昔ほど悪い意味では使われていません。

 

(ただし親しい間柄の人以外には使わない方がいいと思います…)  発音は”ファブ”。

 


前置きが長くなりましたが、私の旦那さんは後者の方で、彼が10歳の時に家族で移住してきたFOBです。

10歳にアメリカに移ってきたこともあり、韓国語もほぼ完璧、しかし第一言語は英語です。(私との会話は全て英語)


出会ったのはニューヨークでしたが、現在は彼の両親が住むミシガンに移り、義父の営む会社で働いております。

 



”旦那がアメリカ人”
と聞くと、”え?オーランドブルームみたいな白人さん?”と想像されるかもしれませんが、アメリカ人にはいろんな人種がいるので覚えておいてくださいね!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です