これで大丈夫!英語で電話のコツ

posted in: English | 0

これで大丈夫!英語で電話のコツ

遅くなりましたが、皆様あけましておめでとうございます(^^)

2021年1つ目の記事は、よく周りの方から聞く

”英語で電話って苦手….💦”

という声にお答えして、私なりの英語の電話のコツをお教えしたいと思います♡

 

英語で電話をする前に...

 

今回は、自分がコールセンターや病院の予約の電話をするという設定でお話を進めていきます!

 

 

まず、電話をかける前にしてほしい準備があります。

 

  • 住所、電話番号を紙や携帯に書きだす
  • 保険などのカードを手元に出しておく
  • その他、聞かれそうなことを事前に考え、その答えを紙などに書いておく

 

(え?めんどくさい!)と思われた方!

 

はい、めんどくさいですよねー( ^ ^; )

しかし、英語で話している時に、咄嗟に旦那さんの電話番号を英語で言えますか?

 

頭では旦那さんの電話番号を覚えていても、英語の会話の中でいきなり聞かれたらきっと混乱すると思います。

 

英語の電話は、いかに混乱せずに答えていくかが鍵になります!

 

 

電話の出だしは定形文!

 

それでは、いざ電話に挑戦していきましょう!

 

コールセンターや病院の予約は、最初に言われることは大体この2パターン★

 

 

 

 

① Who am I speaking with? (あなたのお名前をお願いします)

 

コールセンターなどは、まずあなたの名前を聞くようにマニュアル化されていることが多いです。

 

丁寧に Who am I pleasure to speaking with? と言われることもありますが、意味は同じです。

 

 

”speaking with” と聞こえたら自分の名前を言うと覚えたらいいでしょう!

 

 

 

② How can I help you today? (どうされましたか?)

病院の予約などは、これが聞かれることの方が多いかも。

人によっては、How can I help you with today と言う方がいて、

 ”with” という部分で ①の ”Who am I speaking with?” と聞き間違うかもしれません。

 

 

 その場合でも、最初に”My name is XXX”と名乗ってもそこまで変ではないので、

自信がない方は名前を伝えて、その後に要件を伝えましょう。

 

 

伝えたいことは端的に!

 

英語が苦手な方によくあるのは、たくさんの情報を相手に伝えようとして、相手が混乱してしまうということです。

 

特に電話ではお互いの顔が見えないので、できるだけ端的に短く伝えた方がいいでしょう。

ここからは2つの例に沿って、見ていきましょう!

あなたならなんて言いますか?^^

【例1:子供の病院の予約の日にちを変えたい】

病院:  Hello, this is USA dental. How can I help you?

あなた: Hi, I have an appointment on 4pm of this Friday for my son but I was wondering if I can reschedule this appointment.

 

日にちを変えなければいけない理由などを述べないこの言い方が一番シンプルだと思います。

ここで覚えて欲しいフレーズが

“I was wondering if ——-” です。

予約時間を変えたい→ I want to change the date と言うと少し強いので

I was wondering If I can change/reschedule the date と言うとナチュラルです!

【例2:荷物が届かない】

コールセンター: This is Eric from USPS customer center. Who am I pleasure to speaking with? 

(UPSP カスタマーセンターのエリックです。お名前をお願いします。)

あなた: Hi, this is Nao. (なおです)

コールセンター:Hi Nao. How can I help you today?

(こんにちは、なおさん。どうなさいましたか?)

あなたI’m supposed to receive my package yesterday but still not here. Could you help me with this? 

(昨日、荷物が届くはずだったんですが、まだ届かなくて… 確認してもらえますか?)


 

ここでのポイントは2つ!

 

① I’m supposed to XXXX but YYYYY

問題があった時に使える Be supposed to XXX but YYYの文法。

XXXXのはずだったんですが、(期待と異なる結果)YYYYなんです。

 

難しそうに聞こえますが、テレビや会話文でよく出てくる文法です!使えるようになると、表現の幅が広がるのでぜひ使ってみてください。

 

 

②Could you help me with this?

訳では”確認してもらえますか?”と書きましたが、これはあらゆる問題で手助けが必要な時に使えます。

 

何かが壊れて直して欲しい時、wifiがうまく繋がらない時 などなど…. 

注意点は”this”という代名詞があるので、これを言う前に問題点をはっきり述べることが必要です。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

正直、在米7年目の私は今でも電話をかける時は少し緊張します… (⌒-⌒; )

なのでアメリカに来てまだ数年で、
どうしても電話をしないといけないという方の恐怖心は痛いほどわかるのです… 

 

 

勇気を出して 「Could you speak slowly?(ゆっくり話してください)」と言っても
もちろん大丈夫ですので、電話の最初に言ってもいいと思います!

 

 

 

 

 

他にも英語ネタで書いて欲しい内容などがあれば、ぜひコメントに書いてください♡



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です