英語の本を読んでみよう!

posted in: English | 0

英語の本を読んでみよう!

お久しぶりです!ブログの更新をサボっていました(^ ^;)

さてさて気を取り直して!今日は、少しハードルが高いように聞こえますが

英語の本を読んでみよう


(え?英語の本を読むなんて難しいんじゃない?)と思ったそこのアナタ!

今から正しい本の選び方、スムーズに読める方法などを紹介するのでご安心ください^^



なぜ ”英語を読む” が大切なのか?


まず、なぜ”英語を読む”が必要なのか?

真っ先に思いつくのは、”語彙力をあげる”だと思います。

しかし私の経験上、洋書を読んで語彙力をあげるというのは効率が悪いと思います。
カラクリはこうです。

語彙力を伸ばすために、少し難しい本を選ぶ →  分からない単語に遭遇

→ 辞書で調べる → 調べることに時間を取られて本の内容が入ってこない  → つまらない → 読むのを止める


これでは意味がありません。正直、私はこれで何度も”英語を読む” を挫折してきました。。。

 

では、なぜ”英語を読む”が大切なのか?

答えは ライティング力の向上です。

 

 

(英語で文章を書くことなんて、そんなにないんだけど?😅)と思ったそこのあなた。あなたは習った英語をしっかりアウトプットしていますか?

 


以前、ミシガンで駐在さんの奥様とお話しする機会があり、こんなことを言われていました。

「子供の英語の宿題で、あるテーマについて調べて作文を書くというのが出たんだけど、どうやって書けばいいか全く分からなくて、手伝うのにすごく時間がかかってしまったの… 😞  」


「学校の先生にメールを送ろうと思ったんだけど、英語でなんて書いたらいいか分からなくて… 」


そう、英語で文章を書く機会って思った以上にあるんですよね!

仮にあなたが日本に住んでいて、英語で文章を書く機会がなかったとしても、言語を学ぶ上で アウトプットは必ず必要です!

正しい本の見つけ方

私が実際に去年読んだ本。右上に ”学生向け” と書かれていますが、私にはピッタリのレベルでした!
背後には、義父の愛犬がチラリ

”英語を読む” で 一番大切なことは、易しめの本を選ぶこと!

読みたい本を選んで、どこでもいいので開いて、試読してみてください。

1ページにいくつ、あなたの知らない単語がありましたか?

もし1ページに知らない単語が10個以上あれば、それはあなたには難しすぎる本なので別の本にしましょう。

もし自分のレベルに合った本を見つけられない方は、既に知っている物語の英語版を選んでもいいでしょう!

ディズニーや童話でもいいと思います。

あなたが飽きることなく、最後まで読める本を選んでください^^

早速、読んでみましょう!

あなたに合った本を見つけたら、早速読んでいきましょう。

ここでよく陥ってしまうミスは ”分からない単語全てを調べる” ということ!

分からない単語を全て調べ始めると、時間がかかってしまい、結局内容が入ってこなくなってしまいます。

なのでこういうルールを設けてみてください。

① 文章を読んでみて、分からない単語があるが、何となく文章の意味は分かる。

→  分からない単語は調べないでスキップ


② 文章を読んでみて、分からない単語があり、文章の意味もさっぱり分からない

→分からない単語の中で、以下の分類があるか見てみる。

  • 動詞
  • 主語にくる名詞
  • 接続詞 

→この3種類を優先的に調べて、もう一度文章を読んでみる

 

③ 再度文章を読んでみて、何となく意味が理解できれば、次の文章に進む。

 

④再度文章を読んでみて、まだ分からなければ、

  • 副詞
  • 形容詞 
  • その他の名詞 

も調べて、もう一度読み直す。

何度も言いますが、時間をかけて文章を読むのではなく、テンポよく読み進めることが大切なので、分からない単語全てを調べる必要はありません!

単語の種類が分からないという方は、中学英語で習った S(主語)V (述語 動詞)C (補語)を思い出してみてください。

 

ちなみに、私が本を読むときに活用している英和辞書アプリはこちら!

 

調べた単語を後で見返すことができ、復習しやすいのでオススメです( ^ω^ )

 

 

いかがだったでしょうか? 1冊読み終えたら、少し自信がつくこと間違いなしです!

 

今日から寝る前の15分、”英語を読む” 挑戦してみてください!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です